残りの人生を穏やかに過ごすための「終活」

残りの人生を穏やかに過ごすための「終活」

終活とは

「終活」とは、「人生のエンディングについて考えて準備を整えること」といわれています。
かつて日本では、死について考えることが「縁起が悪い」とタブー視される傾向にありました。しかし最近は、「これまでの人生を見つめ直し、これからの人生をより充実したものにするための活動」として前向きにとらえる方が増えてきています。

終活でやること4つ

介護

介護が必要になったときに備えて、どのような制度や介護サービスがあるのか知っておくことが重要です。
もし住み慣れたご自宅での介護を希望する場合は、訪問介護や通所介護などの在宅サービスを上手に利用することで、ご家族の心身の負担を軽くすることができます。

医療

介護が必要になったときに備えて、どのような制度や介護サービスがあるのか知っておくことが重要です。
もし住み慣れたご自宅での介護を希望する場合は、訪問介護や通所介護などの在宅サービスを上手に利用することで、ご家族の心身の負担を軽くすることができます。

財産整理

家族や時には、法律家に頼んで残りの財産の相続配分や、不動産の売却などの

手続きを事前に行なっておくことです。

身の回りの整理

生前整理と呼ばれる、自分の身の回り不要なものなどを整理しておくことで

家族の、肉体的・精神的負担を減らすことを目的としています。

また、自分自身残された人生を有意義に過ごすために必要だといえます。